« アルジャジーラで伝えられる、日本の食 | メイン | 時間がかかるけど、頑張れ »

ロクシタンカフェで、おされな昼下がり

自然派化粧品、ロクシタンは、ハーブの香り、南仏の香りが、結構好きなブランドのひとつ。渋谷駅前の店にカフェができたと、こういうのが好きなF村おじ様を誘い、しっかりごちになる。南仏をイメージしたフードメニューやドリンクメニューが千円前後で、渋谷駅前にいながらにして、まったりできる、貴重な空間。


私たちの行った遅いランチタイムは、ゆったりしていたが、3時くらいにもなると、ウェイティングができていた。
しかし、若い女子ばかり!大したメニューじゃないけど、これだけ集められる!すかいらーくY氏もこういう、世の中をご存じなのだろうか。いろいろ見れば、ファミレスの打開策は、絶対にあるはず、と思う。

しかし、ロクシタンカフェ、ロクシタンの香りを楽しめるカフェと期待して臨んだけど、ハーブティーのようなものでもあるのか、と想像したら、バーベナティーのみ、が、それも品切れと、残念。
いまなら、ローズウォーターや、花の香りが、食品にも取り入れられ、ヒットしている、もうちょっとロクシタンとのリンクを期待してたんだけど・・・。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://eatalk.net/cgi/mt/mt-tb.cgi/259

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2008年08月04日 16:31に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「アルジャジーラで伝えられる、日本の食」です。

次の投稿は「時間がかかるけど、頑張れ」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。