« 優しい若者 | メイン | 新JAビルのJAレストラン »

次なるターゲットは、コーンシロップ

アメリカ人だって、食の安全には神経質。中国産ペットフード事件やら、いろいろで、地産地消ブームだ。ウォルマートだって、HPには、Locally Grownのページがしっかりあるくらい。

そのアメリカ人を神経質にさせているのは、マイケルポランの「The Ominivore's Dilemma」。雑食のジレンマ、私ら、雑食動物が何を食べるべきか、悩みは深い。自然の生態系をねじまげた、促成栽培、大量生産に疑問を投げかけ、自らの農場体験をつづっている。NY Timesの人気ライター(今は大学教授になったのかな?)。

日本でも最近、訳書がでて、「ヘルシーな加工食品はかなりヤバい―本当に安全なのは「自然のままの食品」だ 」なんてよくわからんタイトルになってる。なんでこうなんねん??なんでもかんでも、「買ってはいけない」的なタイトルつけるのは、どうかと思う。

都市でコンビニエンスに生きようと思えば、食だって、エネルギーを使うことだって、いろいろな面で、いくつかのジレンマも生じる。これがなかなか悩ましいことだ。

前置きが長くなってしまったけど、話題になったトランス脂肪酸、すでに米国では、大手外食チェーンでは禁止されている。日本人の食生活ではほとんど問題なさそうだが、彼らほど、脂肪と摂っていたら、問題があるかもしらん。

そして、次なるターゲットは、コーンシロップ。マイケルポランの本にも登場しているが、異性化糖と言った方が一般的。飲料を中心に、さまざまな製品に使われている。ペプシコはじめ、大手飲料メーカーが、過敏に反応し、コーンシロップフリー商品を次々発売するなど、まあ、どこの国も同じようなことをやってる。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://eatalk.net/cgi/mt/mt-tb.cgi/426

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2009年08月25日 12:16に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「優しい若者」です。

次の投稿は「新JAビルのJAレストラン」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。